黒い影クマを作る2つの原因と対策方法

2つ同時にケアすることで暗さは大きく改善される期待

黒、青、茶。

クマ3兄弟の中で何とかなりそうでならないのが黒クマ。通称影クマと呼ばれます。

この黒い影クマには2つの原因が重なっています。

ほとんどの人、又は美容コメンテーターの人は1つの原因にしかアプローチしていません。

しかし2つの原因に同時にアプローチすることで、黒い影クマはかなり見た目の印象が改善されます。

黒い影クマの原因

1.目の周りのたるみ

顔に影が全く映らないなんてことはありません。

必ず、出っ張っている部分の側に影ができます。例えば鼻。

それ以外にも、出っ張っているような感じでもない、微妙な膨らみの付近にも影ができます。

黒い影クマの原因1つ目がこれです。

薄い顔立ちの人は黒い影クマはあまりできません。

逆に濃い顔立ちの人はできやすくなります。それだけ「顔の彫りが深い」=「影ができやすい」からです。

なので目鼻立ちがはっきりした美人女優さんは、歳を取ると影クマができやすくなり、美容整形やメイクが濃くなる傾向です。

2.目の周りの小じわ

黒いクマは影クマと呼ばれるように、1つ目の原因については多くの人が言及しています。

しかし、それだけだと黒クマの印象は改善されません。

なぜか?

2つ目の原因である目の周りの小じわが重なっているからです。

この小じわも微妙な影を作りますよね?シワとは谷みたいなものなのですから、シワの部分に影ができて暗くなります。

ただ、小じわだけならクマと呼べる濃さにまで見えません。でも、まぶたや目袋のたるみ、出っ張りが作る影と重なると、小じわの溝がそれを一層濃くします。

多くの人はこの2つ目の小じわ原因を無視しているか軽視しているため、黒い影クマ改善の成果があまり実感できていません。

原因1つ目の「目の周りのたるみ」対策

まぶたの痩せ・垂れ

年齢を重ねると目が細くなる人は多いですよね。

その原因がまぶたの痩せ。下垂です。さがってくるということ。

これは、まぶたを動かしている筋肉が衰えてきて、まぶた上方にある皮下脂肪の重みに負けてしまうからです。

かといってまぶたの筋肉を鍛えるのは困難。

一番確実なのは、もし脂肪が余っているのなら美容外科で除去してしまうことです。ただ費用h結構かかりますし、100%ノーリスクでもありません。

意外と効果があるのが目の周りの血行を良くすることです。ホットタオル、蒸しタオルを当てることで目の周りの血行を促進。それが維持されれば、まぶたの筋肉への血流が良くなり、脂肪の重みに抵抗するようになります。

間違ってもマッサージはしないこと。揉んでも筋肉は鍛えられません。あとはなるべく目を大きく見開くつもりでいれば、増えた血流で筋肉が活性化します。

目の下のたまり・目袋のたるみ

目、つまり眼球の重さって意識したことがあるでしょうか?

軽いのは軽いのですが、年齢を重ねていくとその重さに目の下の皮膚が負けてくるようになります。つまりハリ不足。

その結果、目の下にある皮下組織の脂肪や老廃物質が眼球に押し出される形で前へ。

さらにそれに加えて、目の下の皮膚が非常に薄いことから、年齢や紫外線などによりコラーゲンが破壊。ハリ不足となり老廃物などが突出tする形で目の下に何かが溜まったような、目袋のたるみとなって出てきます。

こちらも完璧な改善方法は美容外科手術。

ただ老廃物質が主な出っ張り原因なら、やはりこれも血流を良くしたり、リンパの流れを良くすることで出っ張りが軽くなります。

マッサージは有効といえば有効ですが、その代わりに薄い目の下の皮膚が痛み、それが原因でさらにハリが失われる、また刺激が重なってメラニン色素が増え、茶グマの元になるデメリットもあります。

原因2つ目の「目の周りの小じわ」対策

角質層の乾燥

人間なら誰でも、早ければ20代半ばからシワができます。

その場所は決まって目の周りです。特に目尻ですね。

なぜか?

それは目の周りの皮膚が薄いことと、非常に乾燥しやすいからです。

薄い紙と厚い紙を用意して、一度水に浸して濡らします。

そのまま放置するといずれパリパリに乾燥しますよね?

そのとき、どっちがシワが多いでしょうか?

薄い紙のほうが収縮しやすくてシワが寄りやすいんです。これが目の周りの小じわ原因の1つ。

つまり、目の周りの皮膚、正確には水分を維持しているはずの角質層の乾燥が大きな原因です。

これは保湿で目立たなくなります。

できれば乾燥の直接原因となっているセラミド系がいいですね。ふっくらさせる感じもあるので、目の周りの印象改善にはかなりの効果です。

目の周りの皮膚の硬化・弾力不足

乾燥していると皮膚は硬くなりシワがよりやすくなりますが、皮膚自体の弾力が低下して硬くなっているのも原因の1つです。

主な原因はコラーゲン繊維の破壊進行と、繊維1本1本が細く痩せてしまうことです。

目の下の皮膚は薄い分、最初から他の顔の部分よりコラーゲン繊維量は少なくなっています。

さらに目の下はメイクや洗顔・クレンジングで刺激を与えがちのため、活性酸素が発生しやすくてコラーゲン破壊酵素が多く出がちです。

それに加えて年齢による、コラーゲン繊維を作り出す線維芽細胞の劣化も影響してきます。

対策としては、コラーゲン生成を助けるような成分を肌に届けること。それと血流改善。

コラーゲン生成を助ける成分としては有名なのがレチノール。アメリカではポピュラーで普通に売られています。

ただレチノールは酸化しやすく、酸化すると刺激が強くなるため扱いが非常に難しく、一般的な化粧品ではほぼ見かけません。そのため美容クリニックでレチノール配合クリームなどを手に入れるか、もしくは注射などで取り入れることになります。

女性は特に見た目が変わる!2つ同時ケアの必要性

黒い影クマの2つの原因。

これを同時にクリアしていかないと、目元の暗い印象は改善されません。

こう書くととても困難で不可能な気もしますが、目元というのは人の印象にものすごく影響しますよね?それって、ほんの少しメイクを変えても違いが分かるくらいじゃないですか?

ということは、黒い影クマも完璧に改善しなくても、ほんのちょっと変わるだけで印象がかなり見違えるということなんです。

特に女性はアイメイクでガラッと印象が変わるように、黒い影クマ対策をちゃんと2つ同時にやることで、暗さが取れて見た目年齢が簡単に5歳くらい違って見えてくるほどです。

これを守りながら目元ケアしていこう

黒い影クマ対策のポイントについておさらい。

ここを抑えておけば、目元の印象は大きく変わります。

たるみ・緩み+小じわが原因!1つだけ改善してもダメ

黒い影クマは2つの原因が重なって暗く濃くなります。

どちらかだけ対策しても、目元の印象はあまり明るくならないことを覚えておきましょう。

血流アップは優しく優しく

なるべく普段から血流を良くすることを意識しましょう。

外側からのホットケアの場合、蒸しタオルは長時間当て続けないこと。数秒だけでも効果はあります。

逆に何分も当て続けると、今度は目の周りの皮膚の保湿成分が失われて乾燥を招き、小じわを増やしてしまい影クマが濃くなります。

お風呂の際は、温めた手で目を覆い隠すようにするだけでも血流アップ効果。老廃物排除に効果的です。

レチノールは慎重に

刻まれた深い溝にも威力を発揮するレチノール。

皮膚科医の先生もレチノールは目の周りの悩みに効果的だとしています。その力は万能とも言えるからです。

ただ、とても優れた成分ですが扱いにくさ、その扱いが失敗した時の刺激は問題です。

日本では資生堂のかなり高級ラインと、アメリカ発のドクターズコスメブランドのビーグレンのレチノール美容液がポピュラーです。

今から始めるならビーグレンがいいでしょう。

理由は、レチノールという酸化しやすい成分をリポソーム技術でカプセル化しているからです。

リポソーム技術は医薬品にも使われる高い技術で、浸透しやすく、かつ成分が酸化しにくいメリットがあり、狙った場所に成分を届け、じんわりと溶け出すことで長時間成分が滞在する優れものです。

広告宣伝をほとんどしない職人質なブランドなので知名度は資生堂に劣りますが、中身と値段のバランスはおかしいほど。非常にコスパが良く、365日返品保証もするくらいなので一度試してみるといいでしょう。

ただ、レチノール製品は基本的に刺激に弱い目の周りへの使用は推奨されていません。なので、使用される際は、必ず顔の他の部分などで試してから、それでも大丈夫そうならごく少量を少しだけ塗ってみるなど、慎重になりすぎるくらいに試すべきです。

乾燥はご法度!守れなければ影クマの解消はなし

特に大事。というかベースになるのが保湿です。

乾燥していると小じわができやすいだけでなく、バリア機能が落ちるのでコラーゲン繊維が破壊されやすくなるからです。

つまり、黒い影クマ2つの原因である、小じわとまぶた、目袋などのたるみの両方に繋がります。

かといって頻繁に保湿化粧品を塗るのは控えてください。

その回数が肌への刺激となり、1年後に皮膚弾力の低下が目立ってきて、どうしようもないたるみと影クマを作ることになります。

アイクリーム、目元美容液などの専用化粧品を使いする場合は構いませんが、そうではない場合、一度で長く潤いが保持されるセラミド系の基礎化粧品を使うのがベストです。

セラミドは乾燥原因そのものを補える上に、アレルギーリスクはほとんどなく安心。保水力も高くてベタつきもないため快適で明るい目元になります。

暗い目元に試したい化粧品の一覧

目尻、目の下、まぶた、この3つが引き起こす目元の暗さ全てに対応した目元専用美容液です。

それぞれの部位に起きる、やせ、たまり、こわばりの悩みに適応した配合成分と、潤い維持による小じわ対策が1本でまかなえるアイテム。

非常に高い印象のある目元美容液ながら1本わずか3,000円程度とお値打ち。ちゃんと毎月続けられるから数カ月後の印象が違います。

今ならアテニアの基礎化粧品トライアルもついてお値段そのまま。お得です。

最大の特徴

目元の暗さ原因2つに完全に対応
常識を覆したコスパ価格でお財布に優しい

目の周りの刻まれた時間と悩みにうってつけ、しかし扱いにくさで問題があるレチノールを、独自のリポソーム技術で手軽に使えるようにしたのがこのQuSomeレチノAです。

医療レベルのリポソーム技術でレチノールのデメリットを解決。今まで試したくても試しづらかった最高の成分を試すことができます。

ここまでの内容ながら1本6,000円と意外にリーズナブル。レチノール誘導体は他にあっても、ピュア状態の質の高いレチノールがこの価格で、しかも365日返品保証なのはビーグレンだけです。

トライアルはクレイ洗顔、保湿エイジング化粧水、ピュアビタミンCで美容液、保湿エイジングクリームと盛りだくさんです。化粧水とビタミンC美容液は特に秀逸。

最大の特徴

刻まれた暗さに最高の成分がお手軽価格
ベースは医療技術。だから高実感で品質保証

ビタミンC誘導体によりコラーゲン生成をサポートする目元スポット美容液。特に「やせ」に対してのアプローチに優れ、凹みによる暗い印象の解消に適しています。

主力の成分内容だけで言うと、ビーグレンのトライアルにも含まれるピュアビタミンC美容液のほうが上。しかし、アイキララはわずか2,980円で潤い維持も実現。今お使いの基礎化粧品に加えるだけのお手軽さ、続けやすさがあるため、こちらも要検討候補です。

最大の特徴

簡単お手軽で高実感
痩せた印象からふっくら感への印象変化が楽しい

目の周りの乾燥が特に気になる人はこちらも検討候補

セラミド5種類にセラミドの元となる成分2種類と潤い、保水力アップで抜群の実感を誇る目元美容液です。

さらに目元の暗さはもちろん、様々な悩みに対応する美容エイジングケア成分を多数配合している、かなりスペシャルな美容液です。

ただ他の目元美容液と違うのは、がむしゃらに成分を入れ込んだわけではなく、ビーグレンお得意のリポソーム技術により、ちゃんと狙った場所に届けられるのが特徴。ただ配合しているだけの名前だけの美容液とは科学的に違うものです。

問題は価格。12,000円とそれなりにします。ただ、これは他のどのブランドと比較しても、この価格ではまず手に入らない内容です。

最大の特徴

潤いの維持とふっくら感が強い
明るい目元づくりではNo.1の配合成分

敏感肌専門ブランドで荒れやすい目元の人でも安心して使える基礎化粧品です。

敏感肌専門ブランドだからといって成分に妥協はなく、レチノールに変わるオリジナル成分CVアルギネートで刺激不安をなくしつつコラーゲン生成をケア。目元の際までしっかり攻めることができます。

ヒト型ナノセラミドの浸透性と馴染みの良さは折り紙つき。とてももっちりとした肌になり、特許技術のバリア機能がホコリや花粉などからしっかりガード。糖化対策もバッチリで、目元の暗さはもちろん、顔全体の印象改善にもってこいの内容です。

日中もこの成分を肌に残せるBBクリームも併せて使うと、肌を保護しつつ今すぐ明るく、そしてその先はスッピンでも。アヤナスBBクリームに関してはこちらです。

最大の特徴

敏感肌専門ブランドなのに高いエイジングケア力
茶クマの糖化にも対応してより明るい目元作りが可能